宇都宮のラブホテルでSMプレイを楽しむには

恋人と最近マンネリ気味かも…
恋人との交際期間が長くなるとマンネリ気味になるものです。
そこで日常に刺激が欲しいと思うカップルもいらっしゃるでしょう。
そんなマンネリカップルにオススメしたいのが、SMプレイです。
でも実際SMプレイに興味はあっても
『どうすればいいの?』
『どこでやればいいの?』
という疑問をお持ちの方は少なくないはずです。
宇都宮のラブホテルにはSMルーム付きのラブホテルもあるのです。
宇都宮にはSM専門の風俗店もあります。
SMは世間から偏見があると思われがちですが、SM人口は想像するよりはるかに多いようです。
今回はSMに対しての豆知識をご紹介していきたいと思います。

 

SMとは?

マスクと手錠

『SM』とは、加虐嗜好の「サディズム」と被虐嗜好の「マゾヒズム」を組み合わせたサドマゾキズム(sadomasochism)の略語です。
加虐嗜好者のことを「サディスト」もしくは単に「S」
被虐嗜好者のことを「マゾヒスト」もしくは単に「M」といいます。
『ドS』『ドM』なんていう言い方のほうが馴染みがあるかもしれませんね。

 

 

自分と恋人がSかMかを知る

女性

まず自分と恋人がSかMかを知る必要があります。

SMプレイはどちらかがS、どちらかがMで成り立つものです。

SMプレイを楽しむにはパートナーとの相性が重要なポイントとなってきます。

SとMの特徴を見ていきましょう。

Sの方の特徴は基本的に「自信家」や「プライドが高い」方が多いようです。

Sの方は自信家のため、物事をはっきり言う性格で、人からは嫌われたりすることもあるでしょう。

主導権を握りたい、人の上に立ちたいと思うので、仕事面ではリーダーシップを発揮できます。

しかし意外にも打たれ弱かったり、寂しがり

やな一面もあるようです。

反対にMの方の特徴は基本的に受け身で、優柔不断であったり、自分から積極的に行動するタイプではありません。

Mの方は

 

イジられることに喜びを感じる方が多いようで、イジられ役に回ることを得意としています。

大人数のグループでいるときなどに複数人からイジられるキャラを発揮します。

Mの方は、ただいじめられるのが好きというわけではないようです。

ツンデレキャラの場合もあり、まれにSキャラと間違われることすらあります。

 

 

ソフトSMとハードSMの違い

縄で縛られた女性

SMにも種類があり、『ソフトSM』と『ハードSM』なんていうワードを聞いたことがありますでしょうか?

SMのイメージというと「痛そう」「苦しそう」などを思い浮かべる方も多いでしょう。

そのイメージに当てはまるものはムチや縄、ローソクなどを使用する『ハードSM』と呼ばれるものです。

 

ハードSMは初心者にはかなりレベルの高いプレイとなります。

しかし数年前に『ソフトSM』というプレイが現れ、SM初心者の方でも楽しみやすくなりました。

ソフトSMは言葉責めなど痛みを伴わないプレイができるので、本格的なSMに抵抗があるけど、SMに興味があるって方はソフトSMから始めてみると良いでしょう。

また、ソフトSMとハードSMにハッキリとした定義はありません。

「痛みが無い」「傷や痕が残らない」のはソフトSM。

「痛い」「苦しい」「傷や痕が残る」のはハードSM。

という定義が分かりやすいでしょう。

 

 

ラブホテルでSMプレイ

SM人口は意外に多く、SMルームがあるラブホテルも全国に増えてきているようです。

全室がSMルームというラブホテルもあるようで驚きですよね。

ラブホテルのSMルームではSMプレイに使用する拘束椅子が備え付けられていたり、SMグッズが無料でレンタルできるようです。

お部屋の雰囲気は赤や黒や金色を使用しているところが多く感じられます。

ご自宅では難しいSMプレイもラブホテルなら開放感があり、非日常体験を味わうことができます。

最近では外国人観光客の方のラブホテル利用は増加し、SMルームなどのコンセプトルームがあるラブホテルは特に人気があるようです。

 

 

 

ラブホテルでのオススメSMプレイ

手錠をかけられた女性

・手錠や紐で拘束プレイ

拘束プレイとは文字通りMの方を拘束して行うプレイです。

人は体の自由がきかなくなると不安を覚えるものです。

しかしMの方はこれが快感に感じるようです。

Sの方は支配欲が満たされます。

SMルームがあるラブホテルでは手錠がレンタルできたりします。

手錠が無い場合はタオルや紐、ネクタイなどで行うと良いでしょう。

ベッドの手すりに縛り付けたり、拘束椅子がある場合はさらに刺激的な体験ができるでしょう。

 

・目隠し

人は目隠しされて視覚を遮られると、その他の聴覚、嗅覚、そして触覚が発達すると言われています。

アイマスクやタオル、ネクタイもしくはパンストなどで目隠しをしてみましょう。

 

・鏡の前で

ラブホテルの大きな鏡の前でのプレイは自分や相手の表情が見えて、羞恥心と興奮の両方を体験できるでしょう。

 

・言葉責め

SMの言葉責めは痛みを伴わず、SMグッズも必要がないため、ラブホテルでも簡単に行うことができます。

言葉責めにもいくつかの種類があり、「命令系」「罵倒系」「焦らし系」「実況系」など様々なパターンがあります。

 

 

SMグッズの種類

SMグッズには様々な種類があり、初心者向けと上級者向けに分けていくつかご紹介していきます。

 

初心者向けSMグッズ

ボンテージと手錠

目隠しや拘束系、SM以外でも使用することがある大人のおもちゃは初心者の方やソフトSMを楽しみたいカップルにはおすすめです。
Sの女性はボンテージを着用すれば、女王様気分を味わうことができるでしょう。

 

・手錠

・手枷

・足枷

・アイマスク

・首輪

・バイブ

・電マ

・ボンテージ

 

上級者向けSMグッズ

ムチを持った女性

痛みや体に痕が残るようなものは上級者やハードSM向けのグッズとなります。

SM系のAVなどでも使用されているようなものです。

・緊縛用ロープ

・ローソク

・猿ぐつわ

・ムチ

 

 

宇都宮でSMを楽しめるスポット

宇都宮でSMを楽しめるスポットをご紹介します。

 

SMルームのあるラブホテル

ホテルノーブルの203号室

ホテルノーブルの203号室

宇都宮のホテルノーブルではSM専門ルームが1部屋ございます。

SMプレイに興味があるカップルはまずはラブホテルで試してみてはいかがでしょうか?

>>ホテルノーブルのSMルーム紹介コラム

 

 

SMクラブ / SM系風俗

宇都宮にはSMが楽しめる風俗があります。

現在宇都宮にはSM専門のデリヘルが2店舗あります。

プロのSMプレイを体感することができます。

ラブホテルのSMルームにデリヘルを派遣していただくと、より雰囲気あるSMプレイをお楽しみいただけます。

 

 

SMプレイの注意点

最後にSMプレイを楽しむうえでの注意点をご紹介します。

 

・お互いが同意のもとで行う。無理矢理やらない。

まずお互いにSとM、ソフトSMかハードSMかなどを相談し、同意もとで行うようにしましょう。

嫌がる様子に興奮して無理矢理したり、過度なプレイに注意しましょう。

 

・怪我や痕に気を付ける

SMプレイでは出血やムチで強く叩きすぎたり、ローソクなどを使用した場合には火傷にも注意しなければなりません。

また、縄で強く縛りすぎたりすると血流が悪くなったり、縄の痕が残ってしまうので、加減に注意しましょう。

 

・言葉責め

言葉責めを行う際は、侮辱しすぎて相手に精神的ダメージを負わせないように注意が必要です。

トラブルにもなりかねるので、関係性が壊れない程度にしておきましょう。

 

・衛生面に気を付ける

コンドームや指サックなどを着用して感染症などを引き起こさないように注意しましょう。

 

 

まとめ

SMプレイについてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

宇都宮でSMプレイを楽しむにはラブホテルが最適です。

マンネリカップルやSMに興味がある方はまずはソフトSMから初めることをオススメします。

SMプレイはパートナーとの相性と理解が大事で、過度な要求には注意しましょう。

宇都宮ホテルノーブルではSMルームを設置しています。

ぜひ宇都宮のラブホテルでSMプレイを楽しんでみてください。

cm_banner