ラブホテルのコロナウイルス対策は?

コロナウイルスは、当然ラブホテルにも大きな影響を与えています。

ラブホテルは不特定多数のカップルが出入りするため、感染予防に関する対策をしっかり行っています。

むしろプライベート空間が守られ他の利用客との接点が全くない性質上、この状況下で需要が高まってさえいると言われています。

こういう事態だからこそ、改めてこの業界に注目してみましょう。

 

コロナウイルスに対するラブホテルの対応

ラブホテルの主なコロナウイルス感染予防対応は以下のようなことがあります。

 

・除菌作業

ドアノブやシャワールーム、ベッドパネルはもちろん、冷蔵庫などの必ずしも利用するわけではない部分もケアをしています。

 

・アルコール消毒液の設置

フロント、ロビー、トイレ、シャワールームなどに消毒液を置いてあることが多いです。

 

・徹底した清掃や換気

お部屋の清掃を行う際に窓があるお部屋は換気をしたり、次亜塩素酸などの除菌スプレーを使用して清掃を行います。

 

・空気清浄機の設置

お部屋やロビーなどに空気清浄機を設置しているところもあります。

 

・スタッフのマスク着用や検温

スタッフもマスクを着用しての接客、清掃を行います。

手洗い、うがい、検温なども徹底しています。

 

張り紙などで手洗いやうがいをお願いするラブホテルもあったりと、お客様にも協力を促すことで感染予防を促進している形になっています。

 

コロナウイルスの影響でラブホテルの需要は高まっている?

実はこのコロナウイルスの影響を受けてラブホテルでは需要が高まっていると言えます。

本来ラブホテルはカップルで利用したり、女子会に使ったりするわけですが、飲食店代わりに使用したり、なんとサラリーマンがテレワークに使用するケースも増加傾向にあるのです。

その理由としましては、他人との接触が少ないうえに、食材や飲み物を持ち込める点が大きいです。

普通のホテルでは食堂がありますが、見ず知らずの人たちと同じ空間で食事をすることは今の状況下ではリスクがあります。

同じようにレストランや居酒屋なども利用しづらくなっており、飲食店に行かずラブホテルで過ごす選択肢を採用する人が多くなっています。

学校が休校となる中、福岡県では従業員のお子さんをラブホテルを開放して預かるといった取り組みまで行われているのです。

先述のようにラブホテルは料金が安く、他人との接触が少ないのがメリットです。

自宅以外でそのような場所を探すとなると、やはり他にはなかなかないのかもしれません。

 

まとめ

いつまで影響が続くか判らないコロナウイルスですが、ラブホテル業界も必死になって対策をしている最中です。

とはいえ完全に感染リスクがないわけではありません。

一方で感染予防さえできていれば都合の良い場所として考える人も多く、今の時期だからこその特需も起きているのは興味深いところでしょう。

お客様には安全・安心にご利用いただけるよう全力で取り組んでおりますので、今後も変わらずご利用下さいませ。

cm_banner